HOME>トピックス>専門的に学べる学校に通い基本的な知識を身につける

競技人口は増えてきている

最近は、インターネットでのやり取りが増えていますが、30年前には想像ができないような時代に突入しています。例えば、eスポーツと呼ばれるものがこれに該当するでしょう。eスポーツはインターネット上で行うスポーツで、ゲームを通じてスポーツの対戦をするものです。競技人口は日本でおよそ360万人ほどといわれており、30人に1人はeスポーツに熱中していることがわかります。実は、これを開発するのはゲーム会社やゲームに関連する仕事をしている人です。実際に開発したい場合には、高校に通うことが必要になるでしょう。高校に通い、専門的な知識を身につければ時代に先がけた仕事をすることが可能です。

様々なジャンルがある

eスポーツを学べる高校でも、現在ジャンルはそこまで広くありません。ですが、今後ジャンルが広がっていく可能性がありますので、今までなかったようなジャンルが確立されることも夢ではないでしょう。高校時代から少しずつeスポーツについて学んでいけば、さらにジャンルが広がった時に仕事が増える可能性があります。それだけでなく、将来的にはeスポーツ応用したジャンルができあがる可能性も否定できません。それらに携わることで、多くの人に喜ばれしかも世の中に大きく貢献できるでしょう。

広告募集中