HOME>オススメ情報>理解しておきたい仕組みと気をつける事は一体何か

将来独立するためには

灸治療

鍼灸師は、現在人気の職業の1つになっています。マッサージ店と違う事は、誰でも気軽にお店を開くことができないことです。マッサージ店の場合は専門的な知識や経験がなくても、気軽にオープンすることができますが、鍼灸師になると国家資格等が必要になります。そうすると必然的に資格を取るための専門的な内容を学ぶことになります。専門的な内容を学ぶには、およそ3年間ほど専門学校に行かなければいけません。あるいは鍼灸専門の大学に行くことが必要になります。これらの期間を経て鍼灸師になるための試験を受けるわけです。これは国家試験になりますので、いちど合格すればそれなりに信頼を得ることができお店もスタートすることが可能です。

どのようなことに気をつけるか

灸治療

専門学校を通じて将来鍼灸師になれる場合には、最低限知っておきたいこととしてどれぐらいのお金がかかるかです。専門学校に通う場合にかかる費用は、おおむね1年間に80万円から100万円位と考えておけば良いでしょう。そうだとすれば、例えば脱サラをして鍼灸師になりたい場合はサラリーマンのうちに最低3年間分のお金を貯めておきたいところです。このように考えるならば、まずしっかりとした準備が必要になり、その上で通うのが1番無難といえます。

試験対策を十分に行う

鍼治療する女性

鍼灸師になる場合には、専門学校に通うことが条件ですが、当然ながら試験に合格する必要があります。試験に合格しなければ、いくら専門学校に通っていたとしても鍼灸師として働く事は不可能です。そこで気になる事は、一体どの程度の難易度になっているかです。国家試験と言われると、難しいのではないかと構えてしまう人がいるでしょう。確かに簡単ではありませんが、司法試験や司法書士試験のような難しさがありません。少なくとも3年間の専門学校で学び卒業することができるレベルならば、合格することは可能になります。

広告募集中