操縦にライセンスは必要か

ドローン撮影

ドローンの免許が必要か否か、という議論は尽きません。飛行禁止区域があったり、国土交通省の許可が必要になったりするため、なにか免許があればそれらをクリアすることができるのではないかと考える人も多いです。しかし、現在のところドローンの国家資格というのは存在せず、基本的に趣味として利用する場合においては特別な資格を必要としません。そのため、ドローンを操縦する上で、なにか資格を取得しなければならないというルールも存在していないのです。ただ、安全上の観点から国土交通省が様々なルールを設けています。飛行禁止区域についてや、法律などに関する基礎的な知識を身に付ける上で、民間の団体が発行する資格を取得することはとても意義のあることではあります。民間の資格は趣味としてドローンを操縦する場合には、持っていても持っていなくてもどちらでも良いです。重要なことは、航空法や電波法などを知識として身につけ、飛行禁止区域に対する知識を深めることにあります。さらに、人口密集地で操縦する場合においては、国土交通省の許可が必要になります。それ以外で、趣味の範囲内であればルールを守って操縦すれば、法に触れることは無いのです。

ビジネスシーンで必要な資格

ドローン

ドローンを操縦する免許が必要になる場面は、ビジネス目的で操縦する場合に限定されます。それでも、国が発行するような国家資格は現状では存在していません。ビジネスで使用する場合、国土交通省が管理する団体にて講習を受け、修了書や受講書を取得する必要があります。現在、測量や航空写真の撮影、また、映像制作などでドローンは必要不可欠なツールとなっています。低コストで人件費を削減でき、高い位置から必要な情報を得たり、撮影したりすることができるため、幅広く活用されているのです。では、ビジネスシーンでプロフェッショナルとしてドローンを操縦するためにはどのようなスキルを習得しなければならないのでしょうか。まず、民間団体で学ぶことができるスキルは操縦方法です。受講終了後は、オペレーターとしてすぐに活躍することができる高水準の技術をマスターすることができます。民間団体は複数あり、受講料や取得できるスキルもそれぞれ異なります。受講料は5万円から40万円と幅があるので、ビジネスで必要なスキルに合わせて講座を選ぶと良いです。また、スキルは操縦技能証明からインストラクターまで種類がいくつかあります。

広告募集中